WinSetupFromUSB

WinSetupFromUSB 1.6

USBデバイスからWindowsをインストールするためのソフトウェア

WinSetupFromUSBは、USBストレージデバイスを使用して多数のバージョンのWindowsをオペレーティングシステムにインストールできるソフトウェアバンドルです。これは、システムが修復不能にクラッシュした場合、または標準のCDが使用できなくなった場合の優れたツールです。プロジェクト全体は2006年にはじめて開始されました。

完全な説明を見ます

賛成票

  • システム障害から保護する優れた手段
  • このアプリケーションは、さまざまなLinuxベースのISOファイルをサポートできます

反対票

  • アプリケーションは本質的にむしろ技術的であると考えられます
  • 現在、Windows 10ユーザーにはサポートは提供されていません

WinSetupFromUSBは、USBストレージデバイスを使用して多数のバージョンのWindowsをオペレーティングシステムにインストールできるソフトウェアバンドルです。これは、システムが修復不能にクラッシュした場合、または標準のCDが使用できなくなった場合の優れたツールです。プロジェクト全体は2006年にはじめて開始されました。

関数と主な用途

WinSetupFromUSBは、Windowsユーザーがファイルを完全に紛失するのを防ぐための余分なレベルの冗長性と考えることができます。このプラットフォームの主な利点の1つは、Windows XP以降に開発されたWindowsのほとんどのバージョンをサポートできることです。 LinuxやDOSに関連する多くのアプリケーションも処理できることに注意してください。最近のアップデートにより、このアプリはWindowsの32ビット版と64ビット版の両方をサポートすることができました。

その他の特長

WinSetupFromUSBはBIOSと(U)EFIモードの両方から起動できます。そのコアコンポーネントはWindowsシステムの復元に関連していますが、必要に応じて他の多くのISOファイルを処理することができます。 Arconis、Paragon、Ultimate Boot CDなどがあります。最後の興味深い機能は、ユーザーがWindowsインストールファイルを追加のUSBストレージデバイスに転送することも選択できることです。

WinSetupFromUSB

ダウンロード

WinSetupFromUSB 1.6

ユーザーレビュー

スポンサー×